その他のマンションの注意点、チェックポイント

マンションをお探しになる際、出来れば、便利な立地にあるマンションをお選び頂きました方が良い事に越したことはありません。

駅に近ければ、買い物が出来るスーパーやコンビニもあるでしょうし、生活に便利な色々なお店もあるかと思います。

一方、繁華街に近ければ、子育てに良くない影響を及ぼす可能性もありますので、便利な立地に加えて、閑静な住宅街のマンションをお選び頂く事がベストかと思います。

その中で、マンションを選ぶときに、見落としてしまいがちなチェックポイントを書かせて頂こうと思います。

近隣に野球場や競馬場や競艇場などがある場合

仮に、阪神タイガースの本拠地の甲子園球場で例えますと、甲子園球場の最寄り駅は阪神電車の甲子園駅になるのですが、日頃、通勤や通学でこの駅を利用なさっておられる方にとっては、阪神タイガースの試合や高校野球の時期には、この駅を利用する人が爆発的に増えて、駅は人でごった返し、電車は満員電車でギューギュー詰めで、という事で、ストレスを感じる事になってしまいます。

また、競馬場や競艇場の最寄りの駅と同じ駅を利用している場合も、競馬や競艇が開催されている日は、競馬好きなおじさんや、お酒を飲んでいるおじさんなんかで、駅が大混雑をして、通勤や通学がとてもしにくくなるし、子供の教育上もどうなのよ、なんて事も考えられますよね。

臨時列車や臨時バスが運行する事もありますが、それでも満員には変わりなく、とっても大変です。

ですので、検討しているマンションの近くに、たくさんの人が集まる様な会場などがないか、前もって調べて頂いた方が良いと思います。

用途地域が準工業地域の場合

第1種中高層住居専用地域などは、基本的には住居系のエリアになりますので、大きな工場などは建てる事が出来ません。

工業地域は住居系の建物を建てる事も出来ますが、どの様な工場も建てる事が出来ますので、あまりマンションを建てる事はありません。

それでは、準工業地域はどうでしょうか?

準工業地域は、ほとんどの建物を建てる事が出来るのですが、環境に悪い影響をもたらす様な物を扱う工場は建てる事が出来ません。

ですので、準工業地域にも多くのマンションが建っておりますが、予め、近隣にどのような工場が建っているのか、騒音とか異臭とかはないか、時間帯によってどう変わるのか、など、調べておいた方が良いと思います。

近隣に大きな病院、緊急病院がある場合

買おうかと考えているマンションの近くに病院がある事は、緊急の時にもすぐに行けますので、とっても安心ですよね。

半面、大きな病院や緊急病院の場合は、四六時中、夜中から朝から、救急車などの緊急車両がピーポーピーポーとやって来ますので、どの程度の音なのかを確認しておく事は非常に大事です。

昼間ですと、喧騒にかき消されてあまり気にならないかも知れませんが、夜、シーンとしている時は、思った以上に音が通りますので、よく聞こえてしまう事もありますので、注意が必要です。

電車の線路の近く、踏切の近くのマンションの場合

電車の線路が近くにある場合も、騒音や振動を確認しておく事は大事です。

民間の鉄道であれば、始発から最終電車までの間の運行になりますので、人間も活動している時間帯で、それ程、気にならないかもしれません。

いかし、JRの貨物などは夜中も走っておりますので、近くにJRの貨物が通る様な線路がある場合は、どの程度の騒音か、どの程度の振動か、確認しておいた方が良いです。

また、うっかり確認を忘れがちなのが、踏切が近くにある場合ですね、カーンカーンカーンという踏切の音って、案外、気になるものですよ。

幹線道路の近くのマンション

電車の線路の近くのマンションの場合と同様ですが、高速道路の近くや国道の近くなど、大型トラックなどが頻繁に通行する様な道路の近くは、思った以上に振動が凄い事が多いです。

なかなか、マンションを内覧しに行った時だけでは分かりませんので、そのマンションの所有者さんにお尋ねしても良いと思います。