山の手のマンション? 下町のマンション?

必然的に、下町の方は平坦な所が多く、ショッピングセンターなどのお店も多く、便利な所が多いと思いますし、山の手の方は、緑が多く、自然が多く、空気も美味しく、静かな生活をして頂ける半面、お買物などの普段の生活には、商業施設が離れている事も多く、不便になってしまうかも知れません。

そのご家庭により、考え方は様々ですので、いずれにして頂きましても、全く問題はないと思います。

ただ、いずれの場所にも、メリットとデメリットがありますので、予め、その点も踏まえて頂きまして、マンションをお選び頂ければと思います。

山の手のマンションのメリット

既に書きました通り、緑が多いですし、第1種低層住居専用地域になりますと、高層の建物を建てる事が出来ませんので、街並みがゆったりと落ち着いています。

中には素晴らしい景色、眺望を見る事が出来るマンションもありますし、マンションから外に出ず、室内で生活をする分には素晴らしいと思います。

今は、電動アシスト自転車の様な物も出て来て、そこそこの坂でしたら、十分に上って行く事が出来る様ですので、これらを活用頂ければ、生活もしやすくなると思いますし、自動車を運転なさる方でしたら、坂があろうか、何があろうが、問題はありませんよね。

山の手のマンションのデメリット

静かな住環境になりますので、駅などへは距離がある事が多く、仕事に行ったり、学校に行ったり、塾に行ったりするのに、少し時間を要するかも知れません。

また、坂道がある事も多く、若い時には、素晴らしい眺望を求めて山の手のマンションを買ったけど、年齢を重ねるごとに、夜景を見る感動も薄れ、坂道のない平坦で便利な場所にあるマンションに引っ越したい、と思われる方も非常に多いです。

普段、車で移動をなさっておられる方も、突然、車の運転が出来ない状況になった時に、坂道があったり、お店まで距離があったりする事が、非常にストレスに感じる事があるかも知れません。

下町のマンションのメリット

何よりも、便利な所が多い事に尽きると思います。

一般的には坂道が少なく、平らな道が多いので、歩くのにも、自転車に乗るにも、とても楽です。

これは、年を取る毎に実感出来る事だと思います。

そしてスーパーやコンビニも近くにある事が多いので、ジュース一本、ちょっとした買い物も、面倒臭がらずにすぐに行く事が出来るでしょう。

下町のマンションのデメリット

第1種中高層専用地域や近隣商業地域に属する事が多いので、一戸建てでは3階建ての家が多いでしょうし、お隣との間隔も狭く、窓を開けたらお隣の壁が触れそう、なんて事も多いかも。

高層のマンションも建っており、街並みに余裕がなく、ぎっしり詰まった感じで息苦しさを感じるかもしれません。

駅前にパチンコ屋などの遊興施設があれば、風紀も乱れ、子育てに悪い影響を及ぼす可能性もあります。