中古マンションを買う時のチェックポイント

中古マンションを買う時って、色々と悩みますよね…、私もとっても悩みました。

人それぞれ、マンションに求めるものは違いますし、考え方も違いますので、田舎にある不動産は分かりませんが、少なくとも、都会にあるマンションは売れ残る事なく、適切な価格の適切なマンションには需要があり、人が住んでいるのだと思います。

それでも、マンションを買うって高い買い物ですので、チェックすべきポイントは、予め、頭の中に入れておいた方が良いと思いますし、必要なポイントは漏れなく確認できる様、準備をしておいた方が良いと思います。

マンションの向き

マンションは一般的に、バルコニーのある方がメインの開口部になります。

例えば、マンションの場合は、家に入る玄関が北側にあったとしても、南側にバルコニーがあるお部屋は南向きと呼ばれます。

一戸建ての場合は、玄関が南側の道路に面していると南向きと言われますので、ちょっと混同するかもしれません。

マンションでも一戸建てでも、その家がどっち向きの家なのかはとても重要です。

一番良いとされているのは南向きのお部屋でして、やはり、太陽は南側を通過して行きますので、真南向きのお部屋ですと、陽が出ている間はずっと太陽が当たりますので、良いですよね。

家を長持ちさせようと思ったら、陽当たりと風通しが非常に大事ですので、多くの人が南向きのお部屋を求め、その分、南向きのマンションは他の向きのお部屋よりも高いのです。

そして、その次は東向きのマンションが人気がありますね。

これは、朝方に陽の光がお部屋の中に入って来るからでしょうか?

東南の角部屋が人気があるのは、朝方には太陽の陽が燦々と降り注ぎ、1日中ずっと明るいからだと思います。

しかし、南東の角部屋ではなく、ただの東向きのマンションは、昼からは暗くなりますので、人によりましては、嫌だと言う人もいるのです。

奥様方のお話を聞きますと、多くの方が西向きのマンションが嫌だって言われるのですが、これは、主婦の方は家にいる時間が長く、西日が暑くって嫌だというご意見なのですが、先ほども書きました通り、家にとっては陽当たりと通風が非常に大事ですので、家の事を考えますと、西向きのマンションはとても良いのです。

そして北向きのお部屋は概して人気がないですね、その分、価格もお安いです。

と言いますのは、北向きのお部屋には陽が当たりませんので、夏場は涼しいのかも知れませんが、冬場は本当に寒いのです。

冬場は凍える様に寒いので、エアコンなどで暖房を付ける事になるのですが、そうなると、部屋の中の温度と外気との温度差が出来て結露が発生し、窓に水滴がたくさん付いて、涙の様に流れている事を見た事もあると思います。

窓は吹けば済みますが、お部屋の壁の部分にも同様の事が起こっておりますので、その部分の壁が腐って、クロスが黒ずんで来る事もあります。

全ての北向きのお部屋がそうだとは限りませんが、出来ればやはり、南向きのマンションに住んだ方が良いと思います。